荏原製作所 低層階増圧ポンプへの異常背圧を抑制する特許

google ADS

 荏原製作所が増圧ポンプを低層階用、高層階用に直列に設置した際の、低層階用ポンプへ過大な背圧が加わることを防止する仕組みの特許を出願中です。

  • 公開番号 特許公開2013-147932
  • 出願日 2013年5月7日
  • 公開日 2013年8月1日

【課題】建物の高層階から低層階への水の逆流を防止して、低層階用の給水装置へ過大な背圧が加わることを防止する増圧給水システムを提供する。

【解決手段】本発明に係る増圧給水システムは、水道管2に連結される低層階用の第1の給水装置BP1と、第1の給水装置BP1に直列に連結され、第1の給水装置BP1よりも高い位置に配置される高層階用の第2の給水装置BP2とを備える。第1の給水装置BP1の吐出側には、一次圧力調整弁35が設けられてい る。

2013-147932

故障の際に低層階用 増圧ポンプに過大な水圧がかかり被害が増えないように、低層階用増圧ポンプの吐出し側に一次圧力調整弁を設置し、過大な水圧がかかる場合は調節弁から水圧を逃す仕組みです。また負圧になった際もこの調節弁にて逆流しないようにします。高層マンションにおいても増圧ポンプを採用される事例が多くなり、より安全・快適になる特許が増えていくのではないかと思います。

VN:F [1.9.22_1171]

記事の評価をどうぞ(該当する星をクリックすると投票になります)

Rating: 0.0/10 (0 votes cast)

google ADS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA