荏原製作所 基板の交換時にネジが落下しても短絡しない特許

google ADS

 荏原製作所より制御基板の配置に関する特許が申請されています。

【公開番号】特開2014-110669
【公開日】平成26年6月12日
【要約】
【課題】制御基板が短絡により故障することを防止することができ、さらに、容易に、かつ、短時間で制御基板を交換することができる制御装置を提供する。
【解決手段】制御装置1は、ハウジング22と、ハウジング22内に配置される複数の制御基板29,30と、複数の制御基板29,30がそれぞれ取り付けられた複数の基板取付板41A,41Bとを備える。複数の制御基板29,30は、直立して配置され、横並びに配列されている。
基板の配置
1 制御装置(制御盤)
2 給水装置
3 ポンプユニット
4 外部電源
11 吸込管
12,14 圧力計
13 吐出管
15 フロースイッチ
20 電気機器部
21 制御部
22 ハウジング(筐体)
23 前面扉
25 インバータ
26 直流リアクトル
27 漏電遮断器
28 リレー回路
29 主制御基板
30 予備制御基板
31a,31b 電源基板
32 電力遮断器
32a,32b,32c 電力遮断スイッチ
35,109 小型遮断器
40 固定具
41A,41B 基板取付板
42 スペーサ
46,51 締結具
50 補強部材
45,52 座金
66 主制御基板
71 予備制御基板

図10 (従来の基板配置の参考図)
従来の基板配置

 2枚以上の制御基板を有する給水ポンプユニットにおいて図10のような上側の基板を交換するために不注意でねじが落下させた場合、下側の電力が供給されている基板に当たり短絡する恐れがあります。事故を未然に防ぐため、ねじの下側には機器が無いように制御基板を配置するという特許です。

VN:F [1.9.22_1171]

記事の評価をどうぞ(該当する星をクリックすると投票になります)

Rating: 0.0/10 (0 votes cast)

google ADS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA