川本製作所 排水ポンプ 羽の開口部上側と下側で幅を変える特許

google ADS

川本製作所よりポンプ効率の向上が可能な水中ポンプ用羽根車の特許が出願されています。

【公開番号】特開2015-38356
【公開日】平成27年2月26日

【発明を実施するための形態】

~途中省略~

【0042】
詳しく説明すると、ポンプ12により圧送される水は、吐出口63の上側(モータ10側、シュラウド53側)の流れにおいて、主としてポンプ室43内へと汚水を吐出するように流れる。また、ポンプ12により圧送される汚水は、その吐出口63の下側(吸込口58側、シュラウド52側)の流れにおいて、ポンプ室43内へと吐出する流れだけでなく、吸込口58側へと戻るような流れも発生する。

【0043】
換言すると、羽根車42においては、その吐出口63の下側においては、その流体の流れの少なくとも一部は、吐出口63に移動した流体(汚水)が吸込口58側に戻る流れとなる。このため、吐出口63の下側では、吐出口63の上側よりもその吐出される流量は少ない。

【0044】
しかし、本実施の形態では、吐出口63の開口幅(開口面積)を、吐出口63の、より汚水が流れる上側から下側に向って漸次小さくなるように、端部61,62を重力方向に対して傾斜させて形成する。このため、羽根車42により吐出される汚水は、吐出口63の上側で流量を増大することが可能となり、且つ、吐出口63の下側での吸込口58側に戻る流れを抑制可能となる。このため、ポンプ12のポンプ効率を向上することが可能となる。

42…羽根車(水中ポンプ用羽根車)、43…ポンプ室、44…上部材、45…下部材、47…第1支持部、48…脚部、49…吸込開口、49a…第2支持部、50…吐出開口、52、53…シュラウド、54…羽根、56…挿通孔、57…第1被支持部、58…吸込口、59…第2被支持部、61…端部、62…端部、63…吐出口、

川本製作所 ボルテックス羽

ボルテックス羽根車 開口部の傾斜

羽の中心側から外周に向けて排出される開口部63の形が傾斜していることが特徴です。川本製作所ですとBU4形 汚水水中ポンプのノンクロッグインペラーが同様のタイプなのですが採用されるのでしょうか。

VN:F [1.9.22_1171]

記事の評価をどうぞ(該当する星をクリックすると投票になります)

Rating: 0.0/10 (0 votes cast)

google ADS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA