荏原製作所 電動機ファンでインバータの冷却を行う特許

google ADS

荏原製作所より省スペース化および低コスト化を実現しつつ、ポンプを駆動する電動機に電力を供給するインバータ装置を効果的に冷却することのできるポンプ装置の特許が出願されています。

【公開番号】特開2015-218658(P2015-218658A)
【公開日】平成27年12月7日

ポンプ装置を示す斜視図である。
ポンプ装置を示す斜視図である。

【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、ファンにより送風される冷却用空気をインバータ装置の冷却面に直接当てることができるので、温度が上昇しやすいインバータ装置を効果的に冷却することができる。
【0009】
さらに本発明によれば、インバータ装置の放熱面積を小さくすることができ、省スペース化、軽量化、コスト削減を実現することができる。耐熱性の高い高価な素子をインバータ装置に使用する必要がなくなるので、コスト削減と温度環境の改善による製品寿命の改善を実現できる。さらに、本発明は効果的に温度低減を行うことができるため、ユニットカバーに設けられている隙間をなくし、低騒音化を実現することができる。

荏原のキャビネットタイプ増圧ポンプも電動機のファンの直上にインバータ冷却素子を載せています。

PNAFM インバータセルフクリーニング方式
PNAFM インバータセルフクリーニング方式

荏原製作所 増圧給水ポンプ PNAFM型パンフレットより抜粋
http://www.ebara.co.jp/business/products/pump/standard/fresher/direct_coupling/
こちらの場合は直接風を吹き付けるので埃も吹き飛ばすセルフクリーニング方式となっていますが、浅井戸用ポンプの場合は同様の配置にすると縦長な配置となってしまうので本特許のように正方形に収める形での冷却を考えられています。小型軽量化に寄与する特許となっています。

VN:F [1.9.22_1171]

記事の評価をどうぞ(該当する星をクリックすると投票になります)

Rating: 0.0/10 (0 votes cast)

google ADS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA