川本製作所 多色LEDの点灯・点滅を用いた制御盤の特許

google ADS

川本製作所より多色LEDを使用した制御盤を用い小型・安価とした特許が出願されています。

【公開番号】特開2016-205312(P2016-205312A)
【公開日】平成28年12月8日(2016.12.8)
【課題】安価であって、且つ、大型化を防止できる給水装置を提供すること。
【解決手段】給水装置1は、モータ12aを有するポンプ12と、ポンプ12の一次側又は二次側に設けられ、圧力、流量及び温度の少なくとも一を検出可能な検出装置14と、多色に発光可能なLED32を有する報知手段21と、LED32で発光する複数の色に対して、ポンプ12の駆動状況を割り当てた情報を記憶する記憶部22と、検出装置14で検出された情報に基づいてモータ12aを制御してポンプ12を駆動するとともに、ポンプ12の駆動状況に基づいて、記憶部22に記憶された色でLED32を発光させる制御部24と、を備える。

【図1】本発明の一実施形態に係る給水装置の構成を示す斜視図。
【図1】本発明の一実施形態に係る給水装置の構成を示す斜視図。

【0005】
しかし、単色のLEDを用いた場合、ポンプ状況を細分化して報知することが困難である。例えば、報知手段として、ポンプ状況の数に応じてLEDの数を増やすことも考えられるが、制御盤が大型化となるとともに、製造コストが増加する。また、報知手段に液晶表示部を用いる構成も考えられるが、製造コストが増加する。

少し意外でしたが、多色発光LEDを使用した制御盤はいままでないのでしょうか?
個人的にはLEDの点灯点滅は分かりにくいので、多数のLEDか液晶表示が良いのですがコストの波には逆らえません。

VN:F [1.9.22_1171]

記事の評価をどうぞ(該当する星をクリックすると投票になります)

Rating: 0.0/10 (0 votes cast)

google ADS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA