スモレンスチャッキ弁のイシザキが訴訟を提起

google ADS

スモレンスキーの名称で有名な衝撃吸収型チャッキ弁の株式会社イシザキ(以下イシザキ)がスリーエム工業株式会社(以下スリーエム工業)に対して特許侵害に関する差止及び損害賠償請求訴訟を提起したとのことです。

特許に基づき、製造、販売、販売の申出の各差止め、及び、同製品並びにその仕掛品の廃棄と、損害賠償金を請求しています。

以下、イシザキからのニュースリリースです。

イシザキは地上設置型フートバルブを発売していますが、スリーエム工業の地上設置型フート弁は特許侵害であると訴訟を起こしています。イシザキの特許は2013年に出願、公開されていますが、スリーエム工業では2017年にアングル型逆止弁として特許を出願し、地上型フートバルブを2018年に発売しています。

スリーエム工業の商品が発売時点ではイシザキの商品は市場にでていました。何らかの特許回避がされているのではないかと推測しますが判決はどのようになるのでしょうか?経過を見守りたいと思います。

google ADS

+1